RealTime パフォーマンスモニタレポート

WhatsUp Gold RealTime パフォーマンスモニタ (RPM) レポートは、指定したポーリング間隔以外のタイミングで情報に基づいて判断を下す必要がある場合に、すばやく監視結果を確認できます。RPM は、個々のデバイスや、特定のエンドポイント間のトラフィックを知りたい場合、容量使用率指標の詳細を不定期に確認したい場合などに「焦点を絞った」パフォーマンスチェックを行うのに最適です。

Network Traffic Analyzerと同様に、RPM セッションはネットワーク上にトラフィックを生成します。また、WhatsUp Gold ポーラーの負荷も増えます。そのため、RPM では WhatsUp Gold の単一の展開に対して一度に開くことのできるセッション数が制限されています。

Tip: RPM は、重要な時期やトラブルシューティング時、またはポーリングが通常のネットワークトラフィックを妨げない環境で (デバイスが専用の管理 NIC を実行している場合など)、意思決定のサポートに使用することをお勧めします。

RPM モニタにはいくつかの利点があります。

レポートの生成

[デバイスの選択]。監視するデバイスを選択します。

[Choose a Monitor (モニタの選択)]。RPM モニタのパフォーマンス統計を返すモニタを選択します。

[Determine Refresh Interval (更新間隔の決定)]。タスクとモニタに合わせてポーリング間隔を最適化します。

監視ストリームの制御

XML としてエクスポート

生成されたほとんどの RPM レポートデータは XML としてエクスポートできます。エクスポートするには、[展開] (Full_Screen_Transparent) ([レポートアクション] (DasboardOptions) メニュー) を選択します。

See Also

レポート

パフォーマンス、インベントリ、および稼働時間のレポートの作成

レポート作成のクイックスタート

ネットワークトラフィック

パフォーマンス

アラート

アプリケーション

カスタムコンテンツ

デバイス

システム情報

リモートシステム情報

トラブルシューティング

仮想レポート機能

ワイヤレスレポート

リモート環境レポート

リアルタイムのパフォーマンスの表示