接続失敗数が最も多い上位受信者

接続失敗数が最も多い上位受信者レポートの内容: 失敗した TCP 接続試行または NYC パケットを最も多く開始したデバイスを示します。

接続の失敗 (完了していない TCP ハンドシェイク) は、セキュリティテストの実施者やハッカーがネットワークに侵入できる可能性のあるポイントを探すために使用するポートスキャン、侵入テストなどの手法を意味する場合があります。このような半開や不完全な接続の多くは、サービス拒否 (DoS) 攻撃の試行を示している場合もあります。

このレポートで一部のレポート列はデフォルトで表示されませんが、表示するように設定できます。以下のレポート列を追加して表示できます。

Tip: レポートのできるだけ多くの列を全画面で表示するには、レポートオプション (Report_Options ) メニューをクリックし、[全画面表示] (Full_Screen_Transparent) を選択します。

レポートの生成

ソースを選択する 接続失敗数が最も多い上位受信者 測定の対象となるネットワーキングデバイスあるいは単一の物理インターフェイスまたは仮想インターフェイスを選択します。インターフェイス全体のトラフィックの方向を選択します。

時間制限を選択するDateRange 接続失敗数が最も多い上位受信者 の時間を選択します

列の選択、フィルタ処理、並べ替えを行う 列の選択と非表示、列の並べ替え、詳細なフィルタの適用 により、データビューをカスタマイズします。

チャートの作成、出力の調整、視覚化を行うWUG17.0N-SP2-REPORTS-SETTINGS-IMG レポートの体裁と表示される値の範囲を調整します。 [レポート設定] WUG17.0N-SP2-REPORTS-SETTINGS-IMG ダイアログ (省略可能)。

共有、エクスポート、PDF として保存

最も生成される 接続失敗数が最も多い上位受信者 レポートデータを印刷、共有、エクスポートするには、[展開] (Full_Screen_Transparent) ([ダッシュボードオプション] (DasboardOptions) メニュー) を選択します。レポートを展開してから、[エクスポート] (WUG17.0N-SP2-IMG-EXPORT_REPORT_DATA) を選択すると、以下のオプションにアクセスできます。

See Also

受信者

上位受信者

上位受信者 ASN

上位受信者の市区町村

上位受信者ドメイン

上位受信者グループ

上位受信者 TLD

会話パートナー数が最も多い上位受信者

上位受信者の国