リスナーポート、収集、および保管の設定

[NTA 設定] ダイアログ ([設定] > [ネットワークトラフィック分析] > [NTA 設定]) では、ログ記録、リスニングポート、データ保管、データ管理のプロパティなど、NTA システムとアプリケーションの設定を行うことができます。

(一般設定)

Note: コレクタは、[未分類トラフィックの有効期限] のしきい値で指定された時間が経過してもアクティビティのない未分類データをすべて消去します。

データ保管

[Flow Monitor の設定] ダイアログのデータ保管セクションを使用すると、フローデータとインターフェイスデータのデータ保管パラメータを設定できます。フローデータを定期的にロールアップおよびアーカイブすることで、データ保管に必要なシステムリソースが最小化され、データ量の多い操作時のシステムの応答性が向上します。

データ保管の設定

データ保管を手動で調整するか、またはネットワークトラフィック分析でフローデータの保管を自動調整し最適化することができます。ネットワークトラフィック分析データベースの増加率を管理するには調整が必要です。

フローデータには、多くのパラメータ (入力および出力インターフェイス、ソースおよびターゲット IP アドレス、ポート番号、バイトレート、フロー終了時刻など) が含まれます。これらのパラメータは役立つ情報を提供しますが、ストレージがすぐに満杯になる可能性もあります。データをロールアップすると効率的に保管できますが、個々のフロー内の時間に関連する情報は失われます。

フローデータのクリーンアップの制御には、次のパラメータを使用します。

Note: 値を変更するためにボックス内にカーソルを置くと、ダイアログの下部にメッセージが表示されます。このメッセージは、ネットワークトラフィック分析データおよびアーカイブデータベースに保管するフローレコードの推奨最大数と割合に関する情報を示します。変更を加えると、ネットワークトラフィック分析データおよびアーカイブデータベースに保管されたレコード数への影響を予測するメッセージが表示されます。

[時間データの保管期限]。毎時データを維持する日数を指定するか、またはデフォルト値 (24 時間) のままにします。この設定により、毎時データを指定した日数維持する保管期間が指定されます。この日数を経過した毎時データはロールアップされます。毎時データのロールアップは 1 日に 1 度実行されます。

See Also

ネットワークトラフィック分析

ネットワーク分析を開始する

始める前に

NTA の機能と利点

NTA ソースの選択

ソースに関する収集の設定と有効化

集約ソースの作成

集約ソース

トラフィックのグループ化

ポート番号別にトラフィックを分類する (NTA アプリケーション)

サービスの種類 (ToS) ID のカスタムラベルの追加

コレクタデータベースの保守

詳細フィルタによるトラフィックの削減と分析

ネットワークトラフィック分析の設定

IP レピュテーションライブラリ