Syslog

Syslog レコード UNIX/Linux システム全体のイベントを記録します。Network Performance Monitorは、選択したオプションに基づいて、Syslog を実行している特定のデバイスまたはすべてのデバイスから Syslog メッセージを受け取ることができます。

WhatsUp Gold が UNIX 以外のオペレーティングシステム (OS) で実行されている Syslog サーバーデーモン (syslogd) の Syslog メッセージを受け取ることは珍しくありません。たとえば、一部の環境ではそのようなデバイスを集中管理型/専用 Syslog ホストとして展開します。Syslog は標準 C ライブラリを使用し、移植して UNIX 以外のオペレーティングシステムで実行することができます。

各ログメッセージレコードには、次のデータ列が含まれています。

ログデータのフェッチとフィルタ処理

デバイスを選択する 1 つ以上のホストデバイスを選択します。

時間制限を選択するBusinessHours ログデータの特定の期間を選択するか、[前回のポーリング] DateRange を選択して最新のデータを取得します。

行と列に基づいてフィルタを適用して表示内容を絞り込む 特定の列値に基づいて行を選択し、列を削除して、テーブルから不要な情報を削除します。

Note: 受信ポートがファイアウォール例外のリストにない場合は、メッセージを受信できないため、Syslog に追加されません。Syslog 受信ポートがファイアウォール例外のリストにあることを確認してください。

Tip: デバイスまたはシステムのパッシブモニタレポート (SNMP トラップ、Syslog、Windows イベントログ) のページ読み込みに遅延が生じた場合、このレポートの時間範囲に表示されるレコード数が多すぎることが原因である可能性があります。時間範囲を変更するか、[パッシブモニタの最大レコード数] の設定で表示レコード数を減らしてください。パッシブモニタの最大レコード数を減らすと、Network Performance Monitorレポートの表示パフォーマンスが向上します。詳細については、「サーバーオプションの管理」を参照してください。

E メールで送信、エクスポート、PDF として保存

Syslog のイベントデータは、エクスポート、再利用、および配布できます。[エクスポート] (WUG17.0N-SP2-IMG-EXPORT_REPORT_DATA) を選択すると、以下のオプションにアクセスできます。

See Also

ログ

ログについて

ログ記録のクイックスタート

頻繁に使用されるログの調査

統合ログ

アクションログ

適用されたアクションログ

アクティビティログ

アクションアクティビティログ

サービス停止概要ログ

スキャン履歴

一般的なエラーログ

Hyper-V イベントログ

ロガーの正常性メッセージ

パッシブモニタのエラーログ

パフォーマンスモニタのエラーログ

ポリシー監査

定期アクションログ

スケジュール済みレポートログ

SNMP トラップログ

タスクログ

VMware イベントログ

Web ユーザーアクティビティログ

Windows イベントログ

ワイヤレス

アラートセンターログビュー

Network Traffic Analyzerログ

アプリケーション状態変化ログ

APM 解決済み項目ログ

クイックヘルプリンク