WAP 無線

WAP 無線モニタは、SNMP 認証を使用して Cisco Aironet ワイヤレスアクセスポイントのステータスを判断します。

モニタは最初に ifType (OID 1.3.6.1.2.1.2.2.1.3) 値を確認します。モニタが WAP 無線デバイスのステータスの確認を続けるには、ifType 値が 71 - IEEE 80211 である必要があります。ifType 値が適切な場合は、ifAdminStatus (OID: 1.3.6.1.2.1.2.2.1.7) 値が確認されます。インターフェイスの ifAdminStatus 値が停止状態またはテスト状態である場合、アクティブモニタは停止中と見なされ、ifOperStatus (OID: 1.3.6.1.2.1.2.2.1.8) 値が確認されます。ifOperStatus 値が 1 (稼動) または 5 (休止) の場合、WAP 無線は稼動状態と判断され、それ以外の場合、デバイスは停止状態と見なされます。

固有の名前と説明を指定するだけで、このモニタを設定できます。必要に応じて、[詳細] をクリックして SNMP タイムアウトと再試行回数を設定し、[再スキャンで使用] を有効にすることもできます。

See Also

アクティブモニタ

アクティブスクリプト (アクティブ)

APC UPS (アクティブ)

BGP ピアステータス

クラウドリソースモニタ

DNS

E メール

Exchange 2003

Exchange

ファン

ファイルコンテンツ

ファイルプロパティ

フォルダー

FTP

HTTP コンテンツ

JMX (アクティブ)

Meraki デバイスのステータスのアクティブモニタ

ネットワーク統計

サービス

Ping 到着間ジッタ

Ping

電源

PowerShell

プリンタ

プロセス

SMI-S

SNMP 拡張

SNMP (アクティブ)

SQL クエリ (アクティブ)

SQL Server

SSH (アクティブ)

SSL 証明書

ストレージコントローラ正常性モニタ

TCPIP

Telnet

温度

VoIP

WMI フォーマット済み

WMI

ポーリングのプロパティの設定

モニタへのアクションの適用

アクションポリシーの使用

暗黙的アクションポリシー