ストレージコントローラ正常性モニタ

ストレージコントローラ正常性モニタは SNMP を使用して通信し、選択したストレージデバイス内のノードが機能しているかどうかを判断します。モニタの成功と失敗は、デバイスから返される値によって決まります。この値は WhatsUp Gold によって「稼動」または「停止」と解釈されます。

設定するには、モニタの一意の名前と説明を入力します。必要に応じて [詳細] をクリックして、SNMP タイムアウトと再試行回数を設定し、[再スキャンで使用] を有効にします。

Note:このヘルプトピックで説明されている機能は、WhatsUp Gold® Total および WhatsUp Gold® Total Plus に搭載されています。また、WhatsUp Gold を使用するストレージデバイスを正常に監視するには、SMI-S Agent をインストールする必要があります。詳細については、「Installing the SMI-S Agent (SMI-S Agent のインストール)」を参照してください。

See Also

アクティブモニタ

アクティブスクリプト (アクティブ)

APC UPS (アクティブ)

BGP ピアステータス

クラウドリソースモニタ

DNS

E メール

Exchange 2003

Exchange

ファン

ファイルコンテンツ

ファイルプロパティ

フォルダー

FTP

HTTP コンテンツ

JMX (アクティブ)

Meraki デバイスのステータスのアクティブモニタ

ネットワーク統計

サービス

Ping 到着間ジッタ

Ping

電源

PowerShell

プリンタ

プロセス

SMI-S

SNMP 拡張

SNMP (アクティブ)

SQL クエリ (アクティブ)

SQL Server

SSH (アクティブ)

SSL 証明書

TCPIP

Telnet

温度

VoIP

WAP 無線

WMI フォーマット済み

WMI

ポーリングのプロパティの設定

モニタへのアクションの適用

アクションポリシーの使用

暗黙的アクションポリシー